自分勝手で人を傷つけるのがエゴイスト?自己中心的じゃない人なんているのか?

人を傷つけるエゴイスト 人間関係

ふと「エゴイストってなんだろう」と思った。

「自己中心的な考えしかできず、自分の価値基準だけで判断し、平気で他人を傷つける人」だろうか?

であるならば、まさしく私はエゴイストであることに間違いはないのだが。

それじゃあ、他人を傷つけない人なんているのだろうか?

例えば、私の親が事故に合って入院したと親戚から連絡が来たとしよう。

親は病院のベッドの上で「子供の顔が見たい…」と頻繁に呻いているから、急いで来て欲しいと言われるわけだ。

しかし私は親が嫌いである。
嫌いな人間がどうなろうと知ったこっちゃないので「お断りします」と言うのだ。

それを聞いた親戚は「この人でなし!」と私を罵るのである。

さて、この中でエゴイストは誰だろう?

もちろん、道徳的、一般常識的な観点から鑑みれば、私がエゴイスト認定されることは間違いないのだが、それじゃあ親はどうだろう?

親を嫌っている子供に見舞いをさせようとする親は、子供の気持ちを考慮せず、我が身可愛さにワガママを言っているだけではないだろうか?
であるならば、親も立派にエゴイストである。

さらに、連絡をしてきた親族はどうだろうか?
見舞いを断った私の心情を考慮することなく、一般常識や、親の心情だけを優先して、私を「この人でなし!」と罵ったのである。

これによって私は大いに傷ついたわけだ。私の気持ちを考慮できずに罵倒する親族はエゴイスト以外の何者であろうか?

ここにいる全員が自分勝手なことを言っている。

違うのは常識的かどうかだけで、誰も相手の気持ちを考慮していない。

常識的であるなら人を傷つけてもいい理由にはならない。

つまり、私を含め、ここに登場した人物は全員エゴイストなのだ。

スポンサーリンク

「非常識なエゴイスト」と「常識的なエゴイスト」

別に今更「私は間違ってない!」とか言いたい訳ではない。

私はエゴイストである。それは認めるし、常識的でないのだから、常識的な人たちから批判されるのもしょうがないと思う。

しかしだ、常識的であれば他人を傷つけてもOKと思いこんでる無自覚エゴイスト共が気にくわないのである。

いや、奴らには他人を傷つけている自覚もないし、自分が正しいことを言っていると思い込んでいる自覚もないのだろう。

何も考えずに一般常識に照らし合わせた言葉を口にしているだけなのだ。

一般常識という隠れ蓑の中でなら相手を傷つけても許されると思っているのだ。

私はその無自覚さに腹がたつ

私が非常識なエゴイストであるならば、親や親戚は常識的なエゴイストである。

どっちもエゴイストであるが、非常識なエゴイストは単独であるから、周囲との差が明確なために批判も受けやすい。

しかし常識的なエゴイストは、いわば集団のグチャグチャした意識の一部である。

「普通はこう言うし、みんなだって言うし」のように、人を傷つける行為であっても”みんな”で分散しているから人を傷つけている自覚がない。

正しいことさえ言ってれば他人を傷つけてもいいと勘違いしているのだ。

つまり人間は、私のような非常識なエゴイストか、常識的なエゴイストの2種類のエゴイストに分けることができる。

スポンサーリンク

世の中にはエゴイストしかいなかった…

「私は人を傷つけるようなことは何も言わないからエゴイストじゃない!」とか言う奴も出てくるだろうが、人を傷つけずに生きている人間なんているわけがないのだから、そいつは救いようのない阿呆である。

コメント