頼んでもないのにアドバイスしてくる親や先輩はうざい!自己満足なら他でやれ!

聞いてもないのにアドバイスされてうざい 人間関係

仕事のやり方に口うるさい先輩、育児に口出しする親、趣味にケチつける友人、聞いてもいないことをゴチャゴチャと言ってくる彼氏(彼女)などなど。

他人のすることにやたらとアドバイスをしたがる人というのは何処にでもいるものだ。

こういう人たちを見ていると「それで親切のつもりなのかなぁ」と考えてしまう。

あなたは、そいう人たちを「うざい」と感じたことはないだろうか?

一見すると親切とも言える行為なのに、なぜこんなにもウザいのか。

まず、そういう人の特徴として「頼んでもいないのにアドバイスしてくる」というのがある。

本人はそれを親切のつもりでやっているのだろうが、実際は「自己満足」でしかない。

それじゃあ「親切」と「自己満足」の明確な違いとはなにか?

それは簡単だ。

  • 相手の役に立つことが「親切」で、役に立たないのが「自己満足」
  • 求められて助けるのが「親切」で、求められていないのに助けようとするのが「自己満足」

この2点が守られていない行いは、誰がなんと言おうと、ただの自己満足である。

自称「親切な人」たちは、善意があーだとか、気持ちがどーだとか、ごちゃごちゃ抜かしてくるのだが、はっきり言ってそんなものに意味はない。

「ゴミ」を「綺麗なゴミ」といったところでゴミはゴミであるように、自己満足は親切とはまったく異なるものである。

スポンサーリンク

事情を知らずにアドバイスしてくる阿呆

自己満足でアドバイスをする人は見当違いなことばかり言ってくるから役に立たない。

どうしてそんなことになるかといえば、奴らは「相手の話を聞かない」からである。

相手がどうして困っているのか、何に悩んでいるのか、その原因はどこにあるのか。

そうしたことを尋ねようとしないのだ。

それ以前に「相手は助けを必要としているのか?」という大前提すら無視している。

情報をなにも把握せずに「あいつなんか困ってるように見える!しょうがないから私様が直々に助けてあげよう!やばい私ってマジ優しすぎなんですけど!」という思考で口出しするのだ。

相手の状況もわからないのに、思い込みだけで行動するのは阿呆である。

そして「助けてあげよう」という考え方がウザい。

さらに「親切な自分」に酔ってるところがウザいというか気持ちが悪い。

人にアドバイスをしたいなら、まず相手のことを考える知能を身につけてからにしてほしい。

「誰もそんなこと聞いちゃいねえんだよ!」と言ってやりたい。

スポンサーリンク

相手を助ける気がないエゴイスト

私が特にうざいと思うのは、アドバイスしているように見せかけて、相手のことなんて最初から考えてない奴である。

こいつらの思考は「あの人、困ってるから助けてあげよう」ではなく「あの人のやり方は私の美学に反するから注意してあげよう」というものだ。

美学なんて言うと大袈裟かもしれないが、要するに自分の思い通りに相手を動かしたいだけなのである。

こいつらには、相手に対する親切心なんてのは微塵もない(断言)

いや、当人はそれを親切心だと思い込んでいるのだが、実際のところは、ただ単に、その人のやっていることが気に入らないという理由で、口出しをしているだけである。

奴らは自分の考えや、やり方だけが正しいと考えているので、例えば子供に自分と同じことをさせようとしたり、人の趣味にケチをつけたがったりと、とにかく自分が良いと思ったことを無理やり押し付けてくる。

自分が正しいと思うこと以外認められないエゴイストなのだ。

スポンサーリンク

相手がアドバイスを聞かないと逆ギレする

前述したが、この自称アドバイザーたちは「自分は善意で親切にしてあげている」と思い込んでいるところが、本気でウザいし気持ち悪い。

アドバイスをしている自分は正しいと思い込んでいるから、相手がそれを受け入れないと「どうして私が親切にしてあげてるのにそんなこと言うの!?」と逆ギレするのだ。

つまり「私が親切にアドバイスしてるんだから言う通りにしろ!」というわけである。

こんなの、どう考えても頭がおかしいとしか言いようがない。

つまり、彼ら(彼女ら)は頭がおかしいのである!(断言)

スポンサーリンク

結論:頭のおかしい人とは関わらないほうがいいよ

導き出された答えは「自称アドバイザーさんたちは頭がおかしい」ということであり、対処法とはしては「頭のおかしい人には関わるな」である。

それが、親であれ先輩であれ友人であれ彼氏であれ彼女であれ、そんな人たちと一緒に居ても気分が悪くなるだけでいいことなんて何もない。

冷静に説得しようとしても「私のやっていることは正しい」という思い込みだけで行動しているから無駄である。

おかしい人には近づかない。

これが安全な地球の歩き方である。

コメント