嫌なことを忘れる方法で「気にしない」は間違い!嫌なことを忘れるコツとは?

嫌なことを忘れる方法 考えかた

悩みグセがある私は、日頃から脳の容量の大半を悩みにつぎ込んでしまっている。

嫌な記憶に振り回される自分が嫌で、いろいろな方法を試してみた。

気持ちを切り替えるためのマインドコントロール、ときには座禅による瞑想なんてものまで(私は集中力がないので上手くいかなかったのだが)

そうして最終的に思ったことは。

「無理に忘れようとすることが、そもそも間違っているのではないだろうか?」

ということである。

忘れようとしている時点で、嫌なことを思い浮かべてしまっているわけなのだから、これは、忘れようとする行為自体が間違っていると言える。

そもそも「忘れる」という言葉自体がおかしい!

人が意識して「忘れる」なんて物理的に不可能なのである。

つまり「忘れる」という動詞は現実では成立しないのだ。

私たちが普段から使ってる「忘れる」という言葉の正体は、「忘れていた」という状態や結果を表す言葉でしかない。

スポンサーリンク

「忘れていた」状態になるためには?

機械であれば、不要な情報を指定して削除することはできる。

しかし、人間の場合は不要な情報を指定してしまえば、逆に記憶が鮮明になってしまう。

「忘れていた」状態になるために、他のことに意識を向けなくてはならない。

「嫌なこと」だけの部屋から抜け出す

嫌な人、嫌な経験、嫌なもの、それらが頭から離れないとき、あなたの頭には嫌なことが以外が存在していない世界になっている。

これは例えるなら、狭い部屋の中に「自分」と「嫌な相手」の二人きりで閉じこもっているようなものだ。

どれだけ無視しようとしても、他に注意を向けるものがないのだから、意識しないようにするなんて不可能だ。

ここで嫌な相手を「忘れていた」状態になるためには、別の誰かを部屋に招くしかない。

別の相手に意識を向けることで、今までくら無視しようとしても気になっていた嫌な相手のことを忘れることができる。

スポンサーリンク

忘れるとは意識の向き先を変えること

つまるところ、忘れる過程ということは「見ないようにする」のではなく「別のものを見る」というのが正しい忘れ方である。

これだって実際に記憶が消えたわけではなく、おそらく脳みそのどっかには残っているだろう。

しかし、記憶は存在していないのと一緒だ。

目指すのは「忘れる」ではなく「忘れていた」である。

コメント