連休明けの憂鬱に負けない!休暇の最終日は会社に向けて心を落ち着けよう!

連休明けは鬱で会社行きたくない 仕事の悩み

連休は楽しい!休暇期間が長いほど会社のことなんて頭の中から消し去って自由を満喫できるというものだ。

しかしながら、休みが長ければ長いほど、いざ休みの終わるときの反動は土日休みの比ではない。

「まだ休んでいたい!会社行きたくない!」

誰もが心で悲痛な叫び声をあげているとおもうが、しかしここで慌ててはいけない。

会社が始まる不安から逃れるために、最後の最後でハメを外しすぎてしまったり、布団の中に引きこもったりするのは逆効果だ。

私も会社に行きたくなさすぎて、最終日は夜遅くまで外で飲んだり遊んだり、家に戻っても寝るのが嫌でずっと映画を見たりゲームをしたり、そしていざ寝ようとしたら明日のことが不安になって全然眠れない。

そして寝不足のまま気力が萎えた状態でしんどい思いをするハメになるというのがよくあるパターンだった。

スポンサーリンク

連休最終日こそ落ち着いて規則正しく過ごす

最終日はなるべく朝は早くから起きて心を穏やかに過ごすべきである。

明日に迫り来る会社の恐怖に耐えきれず放蕩するなどしても、所詮は一時しのぎであり、あとでやっちまった感にガックリするだけだ。

以前にも、同じように土日休み明けの鬱「ブルーマンデー症候群」について書いた記事があるので、よかったらそちらも参考にしてほしい↓

明日会社に行きたくない!日曜夜の鬱に対抗する3つの方法

気持ちを切り替えたいときに「神社仏閣」の空気に触れる

私が心を正常にするのに効果があると考えるのが「神社」や「お寺」だ。

不安な気持ちとか、休暇気分が抜けずにやる気がでない、なんだから怠いというとき、気持ちを切り替える、心を引き締めるのに、神社やお寺の雰囲気は適している。

私も別に信心深いわけではないけれど、やはりあの荘厳な空気というのは、俗な世界から切り離されていると思える。

大事なのは、気持ちの切り替えなのだから、同じ場所にいたり、同じことを延々と考えていたら深みにはまってしまうからよろしくない。

困ったときの神頼みというわけではないが、心にまとわりついた嫌な気持ちを払拭するのに、こうした場所の恩恵に与るというのは悪くない方法ではないだろうか。

コメント