面白く生きるにはどうすればいいのか?人生を楽しむために必要なものとは

人生を楽しむために必要なこと 考えかた

誰だって人生を楽しみたいと思っているはずだ。しかし、今の人生をつまらないと感じながら生きている人が多いのではないだろうか?

そもそも、この場合の「楽しい」とはどういうことなのだろう。

お金があることが楽しいのか?

仕事で成功するのが楽しいのか?

趣味が充実していれば楽しいのか?

何をもってすれば、自分が人生を楽しいと思えるのかは人によって違うとは思うが、一つ言えるのは「自分の意思で人生を決めている」ということである。

スポンサーリンク

自分の意思であるということが人生を楽しむ大前提

「仕事だけの人生はつまらない」という人もいれば「バリバリ働いて稼ぐ仕事が楽しい」という人もいる。

そのどちらが正しいということはなく、おそらくどちらもその人にとっては正しいのだろう。

しかし、それは本人が自分の意思で望んでいることであって、決して人から言われてやっていることではないだろう。

私は昔「お金」があって欲しいものを買うことが楽しいことと考えていた時期があった。

もちろん今でもお金は生活には必要不可欠で、生活に不自由しない程度にお金があるということは、楽しい人生の基盤を築く条件だと思っている。

しかし、それ以上にお金を求めようとする理由はなんだろうかと考えると、それは「本当に欲しいものが無いから」だと気づいた。

お金が増えれば誰だって嬉しい。少ないよりは多い方がいいのは当然だ。しかし、それで本当に欲しいものを買うならともかく、人が持っているからとかステータスだからという理由で欲しいと思っているもは、要するに「あれば嬉しいけど、無くても問題はない」ものなのだ。

本当に欲しいものもないのに、ただお金を稼ぐことが果たして楽しい人生かといえば、それはおそらく違うだろう。

お金を稼ぐことに限らず、人というのは周りと同じことをすれば安心する生き物なのだ。

果たしてみんなと同じことが幸せなのだろうか?

自分が主役でない人生はつまらない

もしかしてあなたは、人の意見に流された選択をしていないだろうか?

誰かにこう言われたことだら「それが常識で当たり前で普通のことだから」

遊ぶのも働くのも結婚するのも、当たり前だからするものだろうか?

それは世間の意思であって、あなたの意思ではないのではないだろうか?

それは酷くつまらない人生なはずだ。

なぜなら、人が決めたことをやらされている限り、自身が主役にはなれないからである。

スポンサーリンク

自分が主役だと思えることが人生を楽しんでいる証拠

人生の主役になるために必要なものは1つだけだ。

地位とか名誉とかお金とか友情とか愛とかはあったら当然いいだろうけれど、それは副産物にすぎない。

本当に必要なのは「自分の意思に基づいて生きること」である。

それが人生の主役になるために必要なたった一つの条件だと私は思う。

コメント