「将来が不安で夜職から昼職に転職したいけど履歴書の職歴欄が…」【脱水商売】

仕事の悩み

高時給な夜の仕事は短時間で大きく稼ぐことができるので、お金を必要とする多くの女性が働いている。
本人の頑張り次第で、そこらのサラリーマンなどとは比べ物にならないほど大きく稼ぐことができるのだから見返りは大きいだろう。

しかし、その反面で、トラブルに巻き込まれることが多く、いつまで夜の仕事をやっていけるか分からないという不安定な状態でもある。

いま夜職をしている女性の中には「将来への不安」から、昼職に転職したいと考えている人もいるだろう。

しかし、そこで問題となってくるのが”職歴“である。

昼職に転職したいけど、面接で経歴を聞かれても答えられない…
履歴書に職歴が書けないから就職活動が難しい…

今回は、このような事情で、夜職を辞めて昼職に就職したいと思ってるけれど、なかなか転職活動が上手くいかないと悩んでいる、「夜職をしている女性の転職サポートを目的とした求人サイト」を紹介したいと思う。

スポンサーリンク

夜職の悩みを抱える女性のための転職サイト

夜職から昼職に転職したい女性向けサービス
ナイトワークから昼職へ転職をしたい女性に必見!!

この求人サイト「ANE JOB」には他の求人サイトにはない特徴がある。
それはナイトワークで働いていた女性を前提にした求人が掲載されていることだ。

ANE JOBに求人を出している企業は、このサイトを利用するユーザー層を知っている。

つまり、応募者が今までナイトワークで働いていたことも理解のうえで求人を出しているとうことだ

履歴書の職歴欄や面接での悩みを解消

一般的な求人サイトから応募して、職歴欄に夜の仕事をしていたことを書くと、大抵の企業はあなたに良いイメージを持たないだろう。

けれど何も書かなければ、職歴に空白ができてしまうので、キャリアが無いと判断されてしまうので書類選考で落とされてしまう可能性が高い。

残念ながら、普通の会社ではあなたが夜の仕事をしていた理由まで考慮はしてくれない。

しかし、その場を凌ぐために嘘の職歴を書くのはNGだ。
そのときは誤魔化せたとしても、嘘を抱えたままでは後々辛くなるのは自分自身ということを忘れてはいけない。

夜職から昼職に転職したいけど履歴書が書けない

こうした問題が、夜職からの転職を難しくしているのだが、ANE JOBを利用することで、それを解消できる。

このサイトから応募した時点で、相手企業はあなたが夜の仕事をしていたことを受け入れているのだから、面接で過去の経歴をごまかしながら話す必要がない。

いくら前職を隠すためとはいえ経歴をごまかしてしまうと、入社してから雇用保険の手続きだったり、年末の源泉徴収の書類を提出が必要になったとき、履歴書の内容や面接でした話とのつじつまが合わずに、嘘がばれてしまうとうことも起こり得る。

しかし、アネジョブ経由の求人であれば、夜職での経験をそのまま話してよいのだ。

これは前職のせいで転職活動が上手くいかず悩んでいる女性には大きなチャンスではないだろうか?

掲載されている職種も「美容系」「リラクゼーション系」「事務系」など多岐にわたって掲載されているので、その中からあなたの希望する求人が見つかる可能性は高いはずだ。

今が将来を考えて転職をする時期ではないだろうか?

ナイトワークをする女性にも、それを天職だと考え仕事に情熱を傾ける人もいれば、お金を稼ぐのが目的の人もいる。

もちろん、事情は人それだし、お金が大切なことは確かである。

けれど、今の仕事や自分自身に不安を感じている人は、いちど仕事についての考え方を見つめ直してみてはどうだろうか?

自分が本当にやりたい仕事はどんなことなのか?

このまま夜の仕事を続けていて、本当に欲しいものが手に入るのだろうか?

それは自分にしか分からないことだから、ちゃんと考えてほしい。

もしかしたら、今のあなたがとる選択が、将来を、人生を、大きく左右するかもしれないのだから。

企業はあなたの経験を求めている

やはり企業にとって、夜職を経験した女性に求めているのはコミュニケーション能力の高さだろう。

相手に合わせたトークや、相手に好感を与える仕草、これは接客をする仕事ならどの業界でも共通の必須スキルである。

色々な性格の客を相手にしてきた経験によって培われたコミュニケーションスキルは、例えば営業職でも、男性だけよりも、女性がいることで場の雰囲気が和やかにもなる。

あなたのスキルは企業にとっても魅力的なものなのだ。

求人の職種も豊富

多数の求人案件の中には、他の求人サイトでは見つからなかった、あなたに向いた仕事が見つかるはずだ。

水商売経験者必見!!その経験を必要としている企業があります!!

スポンサーリンク

将来に向けたキャリア形成を考える

夜職は一般的な仕事に比べ退職の時期が早い。

今は稼げるから夜職でいいと考えている人も、いずれは身の振り方を考えなければならない時期がやってくる。

しかし、未経験から全く新しい仕事に就くというのは年齢が高くなるにつれて難しくなる。

実際、多くの会社が未経験者を採用するときは、キャリア形成を考え若年層を歓迎している。

キャリア形成を考えるならば、行動に移すのは早いほどよく、年齢が高くなれば未経験からの転職が難しくなっていくのは確かだ。

まだ若いうちにこれから先に向けてどのような仕事をしていくか考えておけるかが、将来の分岐点に大きく影響するだろう。

女性に人気のセラピストの仕事も未経験からの募集が多数

将来のことを考えて手に職をつけたいという女性に人気の職種であるセラピストの求人も多数用意されている。

アロマトリートメントやリフレクソロジーなど、日々の疲れによって癒しを求める人が増えている今の社会では需要の大きい仕事だろう。

未経験の女性も募集している企業も多く、やる気さえあれば実務経験を積みつつ、セラピストの養成スクールに通って資格を取得するといったキャリア形成を図ることもできる。

どんな仕事でも、その先に叶えたい目標があれば、やり甲斐も熱意も断然高くなる。

もちろん、それ以外にも営業職や他の業種の求人だって多数掲載されている。

全てはあなたの未来への気持ち次第であり、後になって「あのときこうしていれば……」という後悔をしないためにも、キャリア形成の準備は早いほうがいいだろう。


企業で働きたいと考えているナイトワーク経験者へ

スポンサーリンク

変わることを恐れず、勇気を出して

夜職から昼職に転職すれば、生活リズムも経済状況も大きく変わる。

人というのは本能的に安定を求め現状を維持しようとする生き物だ。

だから「今は夜職でお金も稼げてるし、もう少しこのままでも…」と、変わろうとすることに本能がストップをかけてしまう。

今を変えるために最初の一歩を踏み出すのが一番大変なのだ。

しかし、そこで踏みとどまっていては何も変えることができない。

もしもあなたの本能が変わることを拒否しているとしたら「私は違う仕事で生きていくんだ、チャンスを掴むんだ」と言い聞かせて一歩目を踏み出そう。

成長した自分を想像してみよう

もし、今のまま夜職で働き続けたとして、あなたはこの先どうなっているだろう?

そこにワクワクするような未来を描けるだろうか?

確かにお金を稼ぐことは重要だけれど、それだけが人生の楽しみではないはずだ。

人は変化し続けるからこそ人生が楽しいのだ。
新しい仕事で成長した自分を想像してみよう。きっとそれは今の生活では得難い充実感をあなたに与えてくれるはずだ。

あなたには、まだこれから成長できる余地が十分に残っている。

ここで立ち止まるのはもったいない!

スポンサーリンク

自分に自信を持って将来に向けた転職をしよう

人によって偏見をもった目で見られてしまうのが夜職の辛いところ。
そのせいで転職活動が上手くいかない人は、自分がやってきたことに自信が持てないかもしれない。

しかし、職業だけで人の優劣なんてつけられるものではないのだ。あなたの経験を理解してくれる企業なら、今までの経験に自信をもって働けるのではないだろうか?

昼職への転職活動が上手くいかずに悩んでいる人は、この求人サイトで自分に合った企業を探してみてはどうだろう?

これはきっと、あなたの人生を大きく変えるチャンスになるはずだ。

スポンサーリンク

昼職に転職するなら収入と出費のバランスを調整すること!

これは補足だが、もし昼職に転職するのであれば、あなたの生活で変えなくてはならないことがある。

夜間の仕事は総じて給料が高い、時給だって昼間のアルバイトと比べたら倍ぐらいの差が出る。

ここで気をつけなくてはならないのが「今の収入で成り立っている生活を、昼職に転職した後も維持しようとすれば、経済的に苦しくなってしまう」ということだ。

今までと同じ金銭感覚でお金を使っていると、昼職の給料なんてあっという間に無くなってしまうだろう。

そして金欠になってしまうと「やっぱり昼職は稼げないから夜に戻ろうかな…」という考えが起こってしまう可能性がある。

家計簿をつけて毎月の収支をチェック!

人間という生き物は欲が深いもので、買えば買うほど、別のものが欲しくなるのだ。

本当に必要なものでなくても、いちど財布の紐が緩めば、ついついお金を使ってしまう。

だから、転職して収入額が変わったときは、面倒かもしれないが家計簿をつけてみるといいだろう。

最終的に、その月の収支がマイナスになっていなければ、つまり赤字さえ出していなければ、とりあえずはセーフだ。

後は収入に合わせてお金の使い方を最適化していけばいい。

節約のために改めて支出を細く見ていくと「これは別に要らなくない?」というような無駄な出費を発見できるものだ。

逆に、なんとなく頭の中だけでフワッと計算して「たぶん大丈夫だと思う〜」みたいなノリでやっていると、気づいたときには預金口座の残高がものすごい減っていてヤバい。

みたいなこともあるので注意してほしい。

(ちなみに私も、よく考えずにお金を使って生活していたら貯金が半分以下まで減っていてすごい焦ったことがある……)

転職は生活が変わる一大イベント

色々なことが起こってそこまで気が回らないということもあるだろうが、安定した生活基盤を整えるために、収入に合ったお金の使い方を身につけよう!


コメント