「子供がいる主婦でもやりたい仕事を選ぶ!」女性向けのパート求人情報が載ってるおすすめ転職サイト

アルバイト求人さがし 就職・転職

働きたいけど家事や子供の面倒など、家庭の事情でフルタイム勤務は難しいけど、空いてる時間で収入を増やしたいと考えている主婦は多いはずだ。

アルバイトの求人サイトはたくさんあるが、掲載されている求人情報はサイトのターゲット層にって違う。

今回は、限られた時間で働けるパートタイムの仕事など女性向けの求人を多く掲載しているオススメの求人サイトを紹介したいと思う。

スポンサーリンク

女性向けの派遣求人を多数掲載!「はたらこねっと」



はたらこねっと

ここはパートタイムだけではなく派遣系の求人情報を扱っており、主婦向けの求人が多数掲載されているのでチェックしよう。

レジュメお助けツールが便利

求人サイトで面倒なのがレジュメの入力だが、はらたこねっとには「レジュメお助けツール」という便利機能が搭載されている。

はたらこねっとレジュメお助けツール

このように、選択肢にチェックを入れて「次へ」進んでいくだけで、最終的にチェックを入れた要素を含めた自己PR文を整形してくれる。

自分で文章を書くのが苦手な人も、これを雛形として手直しをすることで、ゼロから全て自分で考えるよりも簡単にレジュメが書けてしまうのだ。

面倒くさがりな私が素晴らしいと思わざるをえない便利ツールである!

女性向けの派遣情報が多い

全体的に女性に向けた求人が多いサイトで、事務職の他にも医療系図書館スタッフなど他の求人サイトにあまり載っていないものも掲載されいてる

派遣系の求人が多く、他のアルバイト求人サイトで希望に合うものが見つからない人はチェックしてみるといいだろう。


スポンサーリンク

女性が働きやすい派遣の仕事が多数「派遣Style」



【派遣Style】働く女性のための派遣求人サイト

こちらの「派遣Sryle」はライフスタイルに合わせた派遣の仕事を紹介する求人サイトである。

女性にオススメするポイントとしては

未経験の若手からママ層、主婦層が働きやすい案件、未経験の人でも可能な案件を多数取り扱っていること。

週3~勤務もOKの求人も有れば、正社員を目指せる紹介予定派遣まで、ここの目的に合った求人んが揃っている。

シフトが調整しやすい高級時給のコールセンター求人に力を入れている。

などがあげられる。

派遣の仕事はパートに比べて給料が高めに設定されているものが多いので、しっかり稼ぎたいという女性は派遣も考慮するといいだろう。

スポンサーリンク

希望する勤務シフトに合った仕事を探せる「シフトワークス」

アルバイト求人サイトシフトワークス
副業・Wワークで収入アップ!

学生・中高年・シニア、と幅広い年齢層への求人を掲載している「シフトワークス」
主婦(主夫)も歓迎の求人から、副業やWワークを探すのにも便利な求人さいと。

シフトで探せる便利機能

シフトワークスの名前通り、この求人サイトには「シフトから選択する」という機能がある。
家庭に支障がない時間で働きたい人や、Wワークとして特定の時間帯しか働けない人には、自分のライフスタイルに合わせたシフトで仕事を探せるのが特徴だ。

シフトで探せるアルバイト求人

時間帯で仕事を選びたい人には便利な求人サイト

なにもフルタイムだけの働き方が全てではない。
主婦やシニアだって上手く時間を調整して働けば十分に稼ぐことはできるし、やりたいことのために副業として稼ぎたい人には、本業の合間の時間で働ける場所を探すのにも適しているだろう。
このサイトは、自分の生活に合ったシフトで仕事を探したい人には最適である。

スポンサーリンク

家事代行サービス「CaSy(カジー)」

主婦の家事スキルでお金を稼ぐ方法
私の得意を仕事にする。家事代行時給1450円から

この「CaSy カジー」は、掃除や料理などの家事を依頼者の代わりに行う、家事代行サービスである。

仕事が忙しくて家事に手が回らない人、病気や怪我のせいで自ら家事をするのが難しい人など、代わりに家事をしてくれる人を求めている人が世の中にはいるのだ。

スポンサーリンク

主婦だからこそできる仕事

料理をするのが好きで美味しいご飯を作れる人、綺麗好きで整理整頓が得意な人、それはもう立派な特技なのだ。

日頃から家事をこなしてきたけれど、働いてお金を稼ぎたいと考える主婦も多いだろう。

しかし、慣れないパート仕事と家庭の両立というのは難しいものだ。
だったら得意な家事を仕事にすればいいのである。

なにも会社でデスクワークしたり、お店のレジで客を捌くのだけが仕事ではないのだ。

自分の得意を生かすことでお金を稼げればそれにこしたことはないのだ。

ちゃんと稼げる高水準の時給(1450円〜)

お金を稼ぐなら、やはり時給は高いにこしたことはない。
その点でいえば、このCasyは最低でも1450円〜と、時給が高いのも特徴である。

パートをしているけれど、時給が低くてやる気がでないという人も、しっかりと報酬をもらい仕事をすることで、仕事に対して高いモチベーションで望めるはずだ。

空いた時間で働けるから家庭との両立ができる

Casyでは、週1回2時間から勤務可能となっているので、働きたいけど家庭のこともおろそかにはできないという主婦でも時間の都合がつきやすいのもポイントだ。

応募から研修まで手厚いサポート

最初のスタッフ応募はパソコンやスマートフォンから簡単な5項目だけでOK、その後の面接で勤務エリアや勤務時間の詳細を話すことになる。

家事代行が未経験の人でもちゃんと研修トレーニングや、ベテランの同行制度もあるので、初めての人でも安心だ。

CaSyでは採用後に「研修」と「トライアル(研修会場での実習)」を実施しており、未経験だった方も多く活躍されています。安心して求人にご応募ください。また、「マニュアルを完備」していますので、自主的な訓練も行っていただけます。 就業後もサービスの維持・向上のため、「定期的なスタッフミーティングでの情報共有」や「技術を磨くための継続的な研修」に参加いただけます。

お仕事に関するよくある質問【CaSy(カジー)】家事代行サービス



私の得意を仕事にする。家事代行時給1450円から

スポンサーリンク

得意なことを仕事にできるのは良いことだ

どうせ働くならば自分のできることを生かして働きたい。
誰だってそう思うはずだ。

しかし、なかなか希望に合った仕事というのは見つからないもので、このCaSyは、今までお金を稼ぐ手段だとは考えていなかった家事スキルを、仕事として役立てる機会を与えてくれるのではないだろうか?

家事の経験があって人の世話をするのも得意だという主婦にとって、これも働きかたの選択肢の1つだと私は思う。

スポンサーリンク

正社員、契約社員の求人なら「バイトルNEXT」

正社員・契約社員の求人 バイトから社員へ【バイトルNEXT】

「バイトルNEXT」はバイトルと同じ運営会社による、契約社員・正社員の情報を重視した媒体である。

正社員としての経験がなくても、バイトの経験を生かして正社員の就職を応援するというのがサイトのコンセプトになっている。

未経験でもOKの正社員求人が多数掲載されている

「バイトルNEXT」の特徴は、未経験歓迎の正社員求人が探すやすいことだろう。
いままでアルバイトの求人を狙ってきたけど、契約社員や正社員に応募してみようと考えている人向けのサイトと言える。次のステップを目指す人は是非利用して欲しい。

スポンサーリンク

「パートが長続きしない…」と悩んでいる人へ

「アルバイトを始めても長続きしない」
「パートなのに辛くてすぐに辞めてしまう」

自分なりに目標を持って始めた仕事だけれど、いざやってみたら失敗ばかりで上手くいかず、3ヶ月も経たずに辞めてしまう。

そんな悩みを抱えている人は沢山いるだろうが、そもそもこれは、当人の意思の強さ云々よりも、アルバイトに要求する仕事内容がおかしい会社というのが多いせいもある。

いわゆるブラックバイトというものだが、小さな店なんかで働くと、安い時給でそれこそ正社員並の労働を強いるところがゴロゴロしている。

また、仕事の内容が合うかどうかは、本人の適正によるところも大きいので、いくら他の人が簡単にできる仕事だとしても、自分が同じようにこなせるとは限らないのだ。

アルバイトといえど、自己分析によって自分の適正にあった職種を選ばなければ上手くいかない可能性は非常に高い。

まず自分の適正とを分析すること

例えば、ひとつのことに集中して作業を続けるのが得意な人は、逆にマルチタスクが苦手なタイプが多い。

そんな人がコンビニなんかでアルバイトをしてしまうと、レジ打ち、品出し、フード、宅配、その他にも様々な業務を一度にこなさければならなくなるので、頭がこんがらがって作業スピードも遅くなる。

周りからは仕事が遅いと怒られて、自分では精一杯やってるけど上手くいかないことに自己嫌悪をするようになり、最後はうつ病コースである。

まあぶっちゃけこれは私のことなのだが(笑)

つまるところ、バイトと言えど仕事は仕事、大変な職場もあれば、向いてない作業だってある。
不器用な人ほど、アルバイトを安易に決めると失敗してしまうことが多いから気をつけなければならないのだ。

自分は何が苦手で何が得意なのか理解すること

たとえば主婦がパートの仕事を探したとき、求人数が一番多いのはスーパーのレジ打ちになるだろう。

しかし、それだって向いてる向いてないという適正が関わってくる。
「レジ打ちなんて誰にでもできるでしょ?」と思う人もいるだろうが、そんなのはできる人の傲慢であり、向いてない人にとってはこの上ない苦行である。

私の場合は「マルチタスク、体育会系、手先を使う細かい作業」などが苦手だと分かっていたので、やることの多い事務作業や、飲食店などの体育会系が多く集まる店、などには適正がないのだ。
(まあ、いちど失敗してから気づいたことなのだが……)

逆に、長時間ただひたすら同じゲームをやり続けてバグを見つけるテスターなんかは一つのことに没頭できる作業だったので向いていた。

このように自分の苦手な分野は避けることが鉄則である。

そして、自分の得意な分野を理解できたのなら、今度は職種を絞って仕事を探すのだ。

つまり、ここからようやくアルバイト探しがスタートするのである。

コメント