転職する会社がブラック企業か調べる方法とは?危険な会社を回避するのに役立つ口コミサイト

口コミをみて会社の内情にショックを受ける 就職・転職

「今の会社はもう嫌だ!転職してやる!」

きっかけは様々だが、どこの会社でも働いていればいずれは不満を抱くようになる。

入社当初は我慢できていたことも、冷静に考えてみると「こんなのおかしいだろ!?」と思わずにはいられない職場の異常さに気づいてしまえばもう我慢できない。

そして、いざ転職するために求人サイトを見てみると、どこの求人内容にも「アットホームな職場です」「充実した研修制度」「昇給年2回」などなど、どこもかしこも耳ざわりのよい言葉が並べられているわけだが…

いざ転職してみたら「社内の雰囲気は陰湿」「残業は多い」など、期待していた職場とはかけ離れた現実が待ち受けていたなんて罠があるから不用意に転職もできない。

ブラック企業はホワイトのフリをしてカモが引っかかるのを待ち受けているのである。
(まあ私自身もその罠に引っかかって失敗したわけで)

人生の貴重な時間を棒にふらないためにも、転職前の下調べは重要である。

そして、本当に必要な情報を得るために利用しておくことをおすすめするサービスを紹介しようと思う。

スポンサーリンク

会社に勤めている人の口コミサイト「キャリコネ」

転職するまえに口コミチェック
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

事前に会社の情報を集めておきたいが、転職サイトの求人内容や会社のホームページをみても当てにはならない。

なぜなら自社のことをわざわざ悪く宣伝する企業などないからだ。
企業のホームページを見ても良いことしか書いてないから見ても無駄なのだ。

だから転職するために会社の情報を集めている人にとっては、「実際にその会社で働いていた人」から話を聞くのが一番なのだ。

内部の人が語ってくれる情報ほどありがたいものはない。

信憑性の高い口コミが多数

ちなみに、私は以前勤めていた会社の口コミを読んでみたが、本当にその通りだといえる内部事情が赤裸々に書かれていた。

就職活動は精神的にも肉体的にも疲弊するので「早く内定を決めてしまいたい」という気持ちが焦りを生む。

だから、面接でちょっと違和感を感じたとしても「まあ大丈夫だろう」と楽観的に捉えてしまい、入社したら結局合わなかったということにもなりかねないのだ。(自身の体験談)

もしも私が転職するまえにこの情報を知ってさえいれば、自らブラック企業に入ることはなかったはずである。

そのことが今となっては非常に悔やまれるので、皆さんは私と同じような過ちをおかさないようにしてほしい。

キャリコネの口コミを読む方法

豊富な口コミだが、会員登録をするだけでは閲覧することができないので注意したい。
口コミを閲覧できるようにする方法は2つある。

自分で口コミを投稿する

もしもブラック企業に勤めていた経験がある人なら、その鬱憤を口コミにぶつけて投稿すれば、自分も閲覧ができるようになるし、他の人にもその会社が危ないという注意喚起にもなるのでWin-Winである。

口コミが投稿された後、1年間口コミを閲覧することができるようになる。

キャリアシートを登録する

投稿できるような口コミがないという人には、キャリアシートを登録する方法もある。

キャリアシートをを登録することで、後述する「キャリコネ転職」にも登録されるので、口コミを見るだけではなく、そのまま転職活動に利用できる。

キャリアシートを登録した場合は、口コミ閲覧の有効期限は無制限となるので、存分に転職活動に利用できる。

嘘や適当な投稿はNG

口コミを見るためだけで、嘘の投稿や適当な内容を書いてはいけない。

キャリアシートの登録・口コミの投稿は審査されるので、そうった投稿は審査で落とされてしまうし、なにより信用できる口コミを読みたいのは他の人たちも同じなのだから、転職に役立てられるような投稿をしよう。

個人の意見であることを忘れないように

実際に勤めている人の口コミは、求人内容に書かれている定型文と違い、私たちが知りたい職場の実情が生々しく書かれているので、非常に参考になる。

しかし、忘れてはいけないのが、あくまでもそれを書いているのは一個人ということだ。

1人が感じている不満や欲求を、職場の全員が同じように感じているとはかぎらない。
もしかしたら当人に問題がある可能性だってある。

それを考慮したうえで、参考として読むことをこころがけたい。

「キャリコネ求人」について

キャリコネ内には、提携している他の求人サイトから、情報を掲載している「キャリコネ求人」がある。
こちはら「キャリコネ転職」とは別のサービスである。

注意点

キャリコネ求人の詳細から「応募ボタン」を押すと、提携している転職サイトの応募画面に移動するので、その転職サイトにも登録する必要がある。
キャリコネ内で完結していないので、やや面倒くさい。

スポンサーリンク

転職サービス「キャリコネ転職」

キャリコネの転職サイト

こちらは、正社員・契約社員の求人が多く掲載されている転職サービスだ。

リクナビNextなどと同様に、レジュメの登録やスカウト登録などの機能も実装されている。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

「口コミ情報」と「転職アドバイザー」の2段構えで希望の会社を狙う!

他の転職サイトの大きな違いは、やはりキャリコネ独自の口コミ情報だろう。

ただし、口コミをどこまで信用していいのか、自分の経歴をどうやって転職活動に活かせばいいのか悩んでしまう人には、転職アドバイザーに相談するのがオススメである。

  • 転職活動の計画
  • マッチする求人の紹介
  • 自分をアピールするレジュメの書き方
  • 苦手な面接のアドバイス
  • 内定後のフォロー

自分1人ではうまく転職活動ができないという人は、転職アドバイザーに相談することで、自分の望んでいた会社への転職を援護してもらえる。

転職が決まったら転職祝いの申請も忘れずに

キャリコネ転職では、転職が決まった人への祝い金とをプレゼントしている。

祝い金の申請には条件があるので注意が必要だが、無理な条件は設定されていないので、転職が決まったらちゃんと申請して頂戴しよう。

転職祝い金を貰うための注意事項は下記の通りになっているので、貰うときは気をつけてほしい。

転職祝い金を貰うための注意事項

  • 転職祝い金の対象となる方は、キャリコネ転職内の転職祝い金の記載がある求人に応募して転職した方です。転職祝い金の記載がない求人やスカウト経由で採用された場合は、転職祝い金はお支払されません。
  • 転職祝い金は応募した日から1年以内に入社した場合のみ対象とします。
  • 転職祝い金の申請は必ず勤務開始日から1年以内に行って下さい。この期間を過ぎてからの申請は無効です。
  • 転職祝い金は勤務開始日より95日の継続勤務確認後、指定口座にお振り込みします。具体的な振込日につきましては、別途担当者からご連絡させて頂きます。
  • 勤務開始日より95日以内に退社された場合は、転職祝い金はお支払いされませんのでご注意ください。
  • 転職祝い金の金額は求人情報に記載されている金額がお支払金額となります。

転載元:キャリコネ/転職祝い金を受け取るまでの流れ

スポンサーリンク

まとめ:登録はちょっと手間だが、転職を考えている人にはそれ以上の利益になる

口コミを見るための、キャリアシート登録も、審査があったりしてやや面倒ではあるが、それも口コミの信頼性を損なわないために必要なことだろう。

なにより、転職をするにあたって、内部にいた人の話ほど役にたつものはないはずだ。

今すぐは動けないという人も、転職を考えているなら登録しておくに越したことはないだろう。

キャリコネ転職と口コミを活用することで、私のようなブラック企業で人生を浪費してしまうような失敗を避けて、是非とも幸せな転職を掴んでほしいと思う。

コメント