「人が嫌いで他人はみんな敵!」そんな生きづらい考え方を少しだけ変える方法

相手の感情を理解する 人間関係

「人が嫌い」「他人が敵に見える」
あなたは、そんな感情に悩まされていないだろうか?

ちなみに私もそんな悩みを抱えている一人である。

なぜ他人を嫌いになるかといえば、それはおおよそ価値観の違いからくるものだ。

人が集まれば価値観の争いが生まれる。大抵は大多数の一般的な価値観に対して、少数派が叩かれてしまう。

私は昔から周りと考えがズレている節があったものの、学生の頃はまだそれが許容されていたのだが、社会に出て会社で働き始めるとそうもいかなくなり、人嫌いが一気に悪化した。

多数派は少数派を攻撃する習性がある。
違う価値観をもっている人をとにかく否定したがるのだ。

集団に属していれば、少数派は狙われる。
ほっといてくれればいいものを、いちいち相手を否定しようとする輩にうんざりである。

そんな状況で他人が嫌いにならないわけがない。
むしろそれでも人が好きと言えてしまう人は、とんだマゾヒストである。

私はいたってノーマルなので、私が人嫌いになったのは当然の帰結というやつである。

今回は、そんな人間嫌いな私が考える「他人との折り合いの付け方」について書こうと思う。

 

スポンサーリンク

気がついたら誰かを憎んでいないか?

気がついたら嫌いな相手をのことを思い浮かべてイライラしてしまう。
朝起きたらまず思い浮かぶのが憎い相手の顔。

そうなっていたらかなり重症だ。

あなたは過去に他人から否定されたりバカにされたりするたびに、怒りや憎しみの感情を心に溜め込んできたはずだ。

その出来事を思い出しては怒りを感じ、また思い出しては相手を憎む。
いつのまにか、それが習慣づいてしまっているのだ。

まずはこの条件反射で怒りを溜め込む癖をなおさなければならない。

それに必要なものが「相手の考えを想像すること」であると私は思う。
相手を知るということは、自分本意の一方通行な考え方から、相手のことも含めた双方向の考え方に変えることに繋がる。

 

スポンサーリンク

理解できない相手とは和解できない

関心がないことには顔をむけない。嫌いなものは避けて通る。
それは当然のことだろう。

誰だって自分の好きなものだけを見ていたいと思う。
しかし、知らないままでは相手を理解することはできない。

相手が何を考えているのか、正しい人生観とはなんなのか、それは多くの人の考えや気持ちを想像しないことには始まらない。

そういえば、昔みたアニメの悪役が印象的な台詞を言っていた。


《主人公の指摘》
「人間を悪だと言ってるけど、お前は人の悪い面しか知らない愚か者だ

《悪役の反論》
「ああそのとおりさ、人間なんて自分の知っていることしか知らない、自分は人の悪い面ばかり見せられてきたからこうなった、文句なら悪い人間達に言え!」


ざっくり言えばこんな感じだった。

確かに理屈は通る、知らないことは分からないのだ。
人としての正しさを教えず、悪い面ばかりを見せてきた周囲にも問題はあるのだろう。
しかしそれは、他者を知ろうとしなかった言い訳でもある。

まあ物語でその悪役はとても更生できるような境遇でなかったのだが、妙に印象に残ったのは、自分にも似たところがあったからなのかもしれない。

尖りすぎた感情を丸くする

相手を理解しようとした結果、それでもやっぱり自分が正しいと結論が出たのなら、それはもうしょうがない。

しかし、相手を理解しようとしないまま、一方的に決めつけるのはなんだか違う気がしないだろうか?

それは自分の正しさの証明にはならないのではないだろうか?

相手を理解しようとしたうえで、それでダメなら戦争だが、その過程を捨ててしまえば、それはもうエゴでしかない。

スポンサーリンク

他人に理解を求めるのは止めたほうがいい

自分が変わり者だという自覚があるなら、普通の人には理解しずらいことは分かるだろう。
自分が相手を理解できていないように、相手からしたら自分もまた意味不明な人間なのだ

それなら相手に理解を求めるのではなく、自らが相手を理解しようとするほうがいい。
なにせ相手は自分よりも一般的な感覚を持ているはずなのだから、自分を理解するよりも楽なのかもしれない。

そしてなにより、人を知ろうとすることは、あなた自身を成長させることに繋がるだろう

他人の感覚を知る

同じことをやっていても、人によって感じ方は千差万別である。
自分はこう思っていたけど、相手は全く違うことを考えていた、なんてことはよくある。

そんな他人の考え方や感じ方を知るには、他人が書く文章を読むのが早い。
なにも難しい文学を読み込む必要はない。
雑誌に載っているようなコラムでもいいのだ、とにかく、人の感情が書いた文章を読むといい。

このとき、流し読みするのではなく、感情の理由や情景を推察しながら文を追っていけば理解も深まる。

スポンサーリンク

とはいっても、価値観が合わない相手を好きにはなれない

ここまで相手を理解することを書いておいてなんなのだが、価値観が違っていても、お互いに不干渉ならば争うことはないにしろ、だからといって相手を好きになることはまあ無理だろう。

だから無理に相手を好きになろうと頑張る必要はない。

そして、価値観が違う相手を否定的に干渉してくる相手ならば、これはもう戦争不可避である。

他人の価値観を尊重するべきだが、こちらを否定しようとする相手に対して寛容になんてなれるわけがないのだ。

それが簡単にできていれば宗教戦争なんて起きないのである。

逆に言えば、こちらが相手を否定しようとするならば、相手もまたこちらを否定しないわけにはいかないのだ。

価値観はそう簡単に変えられない

価値観を変えるということは、今の自分を分解して別人になるということだ。
簡単にできるわけがない。

だから相反する価値観をもつ者同士は争う。

これはリンゴが地面に落ちるのと同じくらい当然で回避不可能な事象である。

さて、それを踏まえたうえでの結論は、最善の策は他人と関わらないことなのだが、人との関わりを完璧断って生きるというのはかなり難しい。

だから、相手を好きになることはできないが他人を敵だと思わないようにするのだ。

そのためには、こちらから否定を仕掛けるスタイルではいけない。

まずは最低限でも他人を理解しようとする姿勢を身につけることで、不用意に敵を作って生きづらさに拍車をかけるようなことも少なくなるだろう。

コメント