心に響く名言が勇気をくれる!人生を熱くさせる偉人の言葉

Stay hungry, stay foolish. 考えかた

人生の中で、上手くいかなかったり、失敗したりということが重なると「この先どうすればいいのかもう分からない」という状態に陥ってしまうことがある。

マイナス思考のドツボにはまってしまうと、心の力は奪われ「自分は何もできない人間だ」という気持ちになってしまう。

囚われた思考を解放するのは「新しい発想」であり、それは自分の中だけで考えるには限界がある。

必要なのは外部からの強い刺激。
そして、人生を駆け抜けた偉人の言葉というのが、まさにそれなのだ。

スポンサーリンク

心に響く偉人の名言

少し古い話題で、今さらかもしれないが今だからこその話。
スティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学の卒業式でスピーチをした。
だいぶ後のことだが、私はYouTubeにアップされたそのスピーチ映像を観た。

それは私の心に衝撃を与えてくれる内容だった。

当時の私は仕事が上手くいかず、かといって他にやりたいこともなく、
毎日がとてもつまらなかった。

小さく縮こまった心で、何をするにも投げやりな姿勢しかとれない。
上手くできないことが多すぎて、自分を信じることもできなかったのだ。

目に映るのは沈んだ灰色の世界で、想像する未来に希望などありはしなかった。

そんな私の心が彼の語る話によって高鳴ったのを自分でも感じた。

スポンサーリンク

点と点をつなぐ

ジョブズは学生時代に、大学に通う意味を見出せなくなり、中退するまで単位に関係のないカリグラフィーの授業に潜り込んでいた。

それは「仕事で使える、人生の役立つ」という考えからの行動ではなく。

ただ興味をもったから、おもしろそうだからという理由だけだった。

しかし、その経験はのちに開発されることになるMacに美しいフォントが入るきっかけとなたのだ。

無関係だった点と点が繋がった瞬間である。

どんな経験も点としてあなたに刻まれている

昔から職を転々としていた私は、自分のやってきたことに意味があるとは思えなかった。

仕事で覚えたことも職種が変われば使わなくなる。学校で学んだことも役に立たない。

過去にやってきたことは無駄になっていると考えていた。

だがそれは大きな間違いなのである。

良いことも悪いことも、それを経験したという事実は無くならないのだ。
どんな経験でも、自分の中に1つの「点」として刻まれている。

そのときは意味をなさなかった「点」が、後に刻まれた新しい「点」と結びついて「線」になったとき、予想していなかった意味を成すことになる。

私自身も、二度と使うことがないと思っていた経験が、新しい挑戦をしたとき化学反応のように結びついた。

二つの「点」が結びついて意味をもつ「線」に変化したのだ。

何が結びつくか、そのときになるまで分からない

スティーブ・ジョブズは語った。
その「点」が何に繋がるのか、そのときはまだ分からない。
のちに振り返って、ようやく別の点と繋ぐことができるのだと。

だから私たちは新しい「点」を撃ち続けなければいけない。
それには自分を信じ続けることが必要だ。

私たちはすぐに損得勘定するせいで、本当はやりたいと思ったことも「そんなことをしても意味はない」と諦めてしまう。
しかしそれではダメなのだ。
やりたいと思ったら自信をもって自分の心に従う勇気が必要なのである。
たとえそれが人と違う道だとしてもだ。

心に響く偉人の名言は勇気がでる

人生に悩んでいる人にとって、偉人が語る人生の名言は、暗く先が見えない世界に光を灯すかのように、行き詰まった思考に新たな発想を与えてくれる。

スポンサーリンク

愛と敗北について

ジョブズはアップルを創設したあと、経営方針のいさかいから会社から追いだされてしまった。

いままで自分のやってきたものを全て取られてしまったようなものだ。
挫折感に自信も失ってしまった。
しかし彼は、また一から挑戦することができた。
なぜか?
彼には仕事に対する「愛情」があった。
仕事に対してまだ愛情が残っていたから、大きな敗北のあとに、また立ち上がり挑戦できたのだ。

それに対して自分が仕事をする理由に疑問に感じた。
「生きるため」「金のため」そんなことしか思い浮かばなかったのだ。
同じように敗北してしまったら、また再挑戦するほどの理由が自分にはなかった。

「それが普通だ」「いつまでも子供ようなことは言ってられない」と斜に構えたことを言う人もいるだろう。
彼らはそれで本当に納得しているのか?
本当は違うと思っいるけれど、大多数の意見に便乗することで自分を正当化しているだけではないのか?

ジョブズは自分が本当に素晴らしいと思える仕事に出会えば、心はそれを教えてくれるという。
もしもまだ出会ってなければ、探さなければいけない。
そのためには一つの場所に居続けてはいけない。
それは安定を捨てて見知らぬ場所を進めるだけの信念が必要になる。

スポンサーリンク

死に関する話

「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることは本当に自分のやりたいことか?」
ジョブズは毎朝、鏡の中の自分に向かって問いかけたそうだ。

ほとんどの人が「世間体、プライド、失敗への恐怖」に制約を受けながら行動している。
しかし、もし死に直面したとしたら、それらの制約を取り払われ、本当にやりたいことに気づかせてくれる。

毎日を人生最後の日と思って生きることで、いつの間にか迷い込んでいた袋小路から抜け出すことができるのだ。

他人の思考で生きてはいけない。
自分の心に従って生きるのである。

スポンサーリンク

Stay hungry, stay foolish.

そして最後のメッセージ。
これが一番心に刺った。

「ハングリーであれ。バカであれ。」

一つ所に留まって生きず。
賢く悟ったフリをせず。
挑戦と共に生きる。

私もこうなりたいと、このとき強く感じたのだ。

まだこのスピーチを聞いたことがない人は、↓の動画から是非見てほしい。
きっとあなたの力になるだろう。

コメント