「明日会社に行きたくない!」不安で眠れない心を落ち着かせる方法

明日会社行きたくない 仕事の悩み

このブログはおもに仕事や人間関係の悩みについて書いており、このブログを見に来る人の多くが同様の悩みを抱えているはずだ。

ちなみに、このサイトで一番アクセス数が増えるのも日曜の夜である。

金曜の夜に「会社」という牢屋から釈放され人が、月曜の朝にまた「会社」という牢屋に収容される。

つまり日曜日の夜は「いやだぁ、牢屋に戻りたくないよぉっ!!」という社会人の悲痛な叫びが木霊しながらこの記事へとたどり着くのである。

日曜夜というのは、人々の不安と悲しみに満ち満ちているといっても過言ではないだろう(たぶん)

であるからして、仕事の不安や悩みに眠れない夜を過ごす社会人のため、この記事では、毎週のようにやってくる苦しみに対抗する方法について、私自信が体験したことを元に対処法を書きたいと思う。

スポンサーリンク

ブルーマンデー症候群/サザエさん症候群とは

まず「日曜日の夜になると気分が悪くなってしまう…」という人の数があまりにも多いため、この症状には名前が付けられている。

それがいわゆる「サザエさん症候群」だったり「ブルーマンデー症候群」と呼ばれるものだ。

まずはそこについて軽く触れてみよう。

ブルーマンデー症候群

日曜の夜が近づくと気分が落ち込み始め以下のような症状が現れる。

  • 晩御飯が喉を通らない
  • 深夜になっても眠れない
  • 月曜の朝会社に行くのが辛い

別名:サザエさん症候群

サザエさん症候群

ブルーマンデー症候群の別名として使われている。
日本人にとって馴染みのある「サザエさん」を例にしたもの。

日曜日にサザエさんが放送する時間になると、これが引き金となり「もうすぐ日曜日が終わってしまう」というイメージを連想させ憂鬱になる症状。

サザエさんに限らず日曜の終わりを連想させるものを見た場合も同様に発症する危険がある。

発症時刻:日曜の夕方〜夜

補足:
私の場合は「ちびまる子ちゃん」の方が強烈に鬱なイメージを与えてきた。

おそらく藤木君と永沢君のせいだろう。

あの二人の陰湿で嫌味ったらしい声と表情で、私の脆弱な精神は不安定になってしまうのだ。

症状が酷くなると体に深刻な影響を与える

私の場合、この症状が出たのはブラック会社に勤めていた時だった。

サザエさんを見るどころか、そのときの私は日曜の朝の時点で鬱になっていた。
解放されるのは金曜の夜〜土曜日の夜の間だけである。

最初は自分でもそこまで深刻には考えなかった。
せいぜい「日曜日の夜はなかな眠れいない」ぐらいしか考えいなかったのだが、次第に布団に入ると我慢できないぐらい気分が悪くなる症状が現れ始めた。

恐ろしいことに、そんな状態でも、その時点で私は何故夜になるとこんなに気分が悪くなるのか、自分の心と体がどういう状況に陥っているのか深く考えていなかった。

結局、この症状が治まったのは会社を辞めて根本的な原因が無くなったからだったのだが、これは最後の手段であり、ここでは今の状況を改善するための方法を考えよう。

スポンサーリンク

原因は会社へ行く事の不安と恐怖

日曜日の夕方からあなたの頭の中で変化が始まる。
土曜日は趣味や遊びなど好きな事をして楽しんでいたから「ポジティブ」な思考が頭の中を占めていた。この時は幸福を感じる事ができる。

しかし、日曜の夕方から頭の中に明日の会社の事が「ネガティブ」な思考が広がっていく。
夜になると今まで「ポジティブ」を追い出して「ネガティブ」が頭の殆どを占領してしまう。

結局はここなのだ。考えるから悩む。悩むから鬱になる。

スポンサーリンク

ネガティブなイメージに対抗する方法

正直に言ってこれは簡単に解決できる問題ではない。
私自身が色々と試した結果、結局根本的な解決をするには至らなかったからだ。
強靭なメンタルやポジティブな思考を身につけるのは、それこそ長い時間を掛けて思考を改造していく必要がある。

けれど、そのなかで少しでも不安を紛らわせてくれた方法があったので紹介したい。

ポジティブな考えを繰り返し頭に刷り込む

人は自分の考えと行動に引き寄せられる。
つまり、ポジティブな考えや行動をすれば、それだけでも効果は出る。
ただし一時的なものだから何度も繰り返す必要がある。

好きな単語、文章の一節、なんでもいい。
大事なのはそれを本当に信じる。自分は信じているんだと強く思い込む事だ。

ネガティブな考えが頭から離れない人は、以前の記事も合わせて読んでみてほしい↓

うつ病を防ぐためにポジティブとネガティブの思考をコントロールする方法
みなさんは失敗したり悪いことが起こると、その記憶が頭から離れないせいでネガティブなことばかり考えてしまうことはないだろうか? 私はねっからのネガティブ人間なので、「どうしてこうなった」「どうすればよかったのか」「あの時こうしていれば」...

覚悟を決めて問題と向き合う

来るなら来てみろ、私はどんな問題でも乗り越えてみせる。
根拠は必要ない。そんな事は考えなくていい。
自分なら出来ると思い込む。自分を奮い立たせる。
空元気であったとしても、あなたの行動により心は強く脈打つ。

本当に最悪な状況を想像する

あなたが今想像している不幸な状況があったとして、
それは命に危険を及ぼす程のものだろうか?

仕事に失敗する。
それは人生が終わってしまうような出来事だろうか?
本当に最悪という状況と比べれば、会社の失敗なんて些細なものではないだろうか?
そう考えれば予想していた問題がちっぽけなものに見えて来る。

スポンサーリンク

明日が不安で布団に入っても眠れないとき

不安で眠れず睡眠不足

私は「布団に入ってもなかなか眠れない人間」である。
特に日曜の夜は寝るのに苦労するぐらいだった。
「布団に入ると体が熱くなって寝られない!」
「目を閉じても頭のなかで不安なことばかり考えて寝られない!」

こんな調子で、早めに布団に入っても眠れず気がついたら夜中の3時過ぎなんてこともあった。
「もうこんな時間になってる!? 早く寝ないと!!」

そうして焦ると余計に眠れなくなってしまう負のスパイラルである。

日曜は朝になったら布団から出て、夜は早めに布団に入ること

夜になかなか眠れない原因の1つに”生活リズムの乱れ“が影響している。

日曜日の朝は休日最後の幸福な時間だ。
会社から解放された心地よさをいつまでも感じながら眠っていたいと思ってしまう。

そして夜になると、「眠ったら月曜日になってしまう、だからまだ寝たくない!」と、辛い現実から逃れるように遅くまでテレビを見たりゲームをやってしまう気持ちも分かる。

しかし、日曜に昼まで眠ってしまうと、夜になっていざ寝ようとしても目が冴えて眠れない。

かといって夜更かしをしてしまえば、月曜日の朝から睡眠不足で会社に行くのが更に辛くなる。

日曜日こそ早寝早起きが大切なのだ。

明日のことは月曜日の自分に任せる

部屋の明かりを消して布団に入ると、ネガティブなことを考えがちになる。

明日会社に行くことを想像しだすと不安が止まらない。

それでは、いくら暗い部屋で目を閉じたとしても、ネガティブ思考が脳を激しく活動させているせいで眠ることができないのだ。

脳を休息状態にするには、明日のことを頭の中からシャットアウトしなければならない。

明日という未来は閉じたドアの向こう側にあるのだから、現在の自分には関係ない

明日嫌なことがあったとしても、それは月曜日の自分がなんとかすればいいのだ。

まだ訪れてもいない不幸を前借りなんてしなくていいのである。

「薬はちょっと…」という人のサプリメント

仕事のことを考えると眠れないけど、睡眠導入剤などの薬に頼るのはちょっと気が引ける…という人は、サプリメントを試してみてはどうだろう?

この【リラクケア】Lテアニンをはじめとすると、睡眠をサポートする成分が含まれている機能性表示食品である。

  • Lテアニン200mg、GABA100mg他、しっかりとした配合成分と量です。
  • 5つの配合成分と内容量を包み隠さず納得いだけるよう工夫しています。
  • イライラサポート成分を配合しています。 イノシトール100mg、ナイアシン45mg、ビタミンB6 10mg

お試し定期価格は半額から始められ、実感がなければ定期コースは1回で解約可能となっている。
また、定期コース以外でも、単品購入もできるので、もしも効果がないと思ったら1回限りで利用を止められるので安心である。

サプリメントの効果には個人差があるので、必ず効くと保証することはできないが「色々やってみたけど、どうしても眠れない…」という人は試してみる価値はあるだろう。


スポンサーリンク

緊張や不安で体に異常を感じたら迷わず診療内科にいくこと

さて、ここまではセルフコントロールで不安を制御する方法について書いたのだが、明らかに体調の異常を感じたときは、速やかに心療内科を受診することをおすすめする。

というのも、私は不安感や緊張は、全て心の持ちようだと思っていが、実は社会不安障害だったという経験がある。


この話については別の記事に書いているので、興味のある人は参考にしてほしい↓

「仕事のミスが怖くて眠れない…」社会不安障害の放置はうつ病の原因になる!
「仕事でミスするのが不安で眠れない」 明日も仕事で早いというのに、布団に潜っても全然眠れず、気がついたら何時間も経過していた。なんて経験はないだろうか? 私は子供の頃から寝付きが悪かったが、大人になり会社で働き始めてから、その症状が...

自分の異常というのは、自分ではそれが異常であることに、なかなか気づくことができない。

だから、自分だけではどうしようもないと感じたら人を頼ろう。
特に体に異変が出ているなら無理は禁物だ。

私の場合、吐き気と頭痛の後に蕁麻疹が出てきた段階で、ようやく「あ、今の自分は危険な状態なんだ」と認識して心療内科に通ったのだが、今思えば自分の容体に気づくのが遅すぎだった。

心は身体と繋がっている。心が病めば身体も病む。

会社の不安やストレスにやられないためにも、自分の心がどのような状態にあるのか、自分自身が理解してあげることが大切だ。

 

仕事の不安や悩みについて、別の記事も書いているので、よかったらそちらも参考にしてほしい↓

『仕事が怖い逃げ出したい…』不安と焦りで鬱になった私の体験談
みなさんは仕事に関する事が原因で鬱になった事はあるだろうか? 私は過去に仕事の悩みから鬱を引き起こした経験がある。 さいわいなことに私は、重症になる手間で鬱を抜け出せたのだが、当時の私がどうして鬱になったのか、何が原因で精神状態を悪...

 

 

コメント