初めてAmazon FBAで出品した結果と反省点

はじめてのAmazon FBA 仕事の悩み

このブログの趣旨とは違いますが、ちょっと興味があったのでやってみた「せどり」
今回は何も知らない初心者がせどりに挑戦し、Amazon FBAに出品したら色々失敗したので、同じように初めて出品する方の為にも覚え書きにしたいと思います。

販売に使えるサービスは多種多様

今ではすっかり認知されるようになった”せどり”
少し検索すれ情報はいくらでも出てきます。
むしろ、たくさんありすぎてどれを消化すればいいか分からないほど情報が溢れてしまっている状態。出品サービスだけでも、大量にあります。
Amazonをはじめオークションならヤフオク,モバオク,楽天オークション
フリマアプリなら、メルカリ、などなど

いったいどれを使えばいいのか、悩んでいてもしょうがない事ですし、考える前にまず行動せよ!とりあえず大した事前知識も仕入れないまま、売れそうなものを探しにあっちこっち歩き回ってみました。

なにぶん初めてだったので効率は悪かったでしょうが、どこのサイトでも紹介されている「せどりすと」を使用して探してみました。
(アプリの詳しい使い方は色々なサイトに載ってるから調べてみてね)

さて、そんな訳でいきなり挑戦してみた結果、失敗が大漁です!
しかし事前にちゃんと調べておけば回避できるミスばっかりだったのですが、私のようにとりあえず特攻する人の為にここは抑えなきゃいけない失敗箇所を共有したいと思います。

スポンサーリンク

相場との価格差だけ見て、ランキング推移を見ていなかった!

まずはこれ、「せどりすと」をでバーコードや商品名を検索すると、対象商品がAmazonで幾らで販売されているのかがわかります、これだけを確認すと「おっ、Amazonより1000円以上安く売ってるじゃないか!」と飛びついてしまうのですが、ここで確認しなければいけなかったのがランキング推移グラフです。
このグラフが上下に細かく変動しているということは、直近でこの商品が購入されているという事になります。
そして、このグラフに動きがない水平線ということは、誰もこの商品を購入していないということになります。
つまり、いくら安く仕入れようが、誰も買わない商品ならただの不良在庫となってしまうのです!
更に、出品者数が多いほど競合者が多い=販売機会が減ってしまうということを念頭におかなければいけない。

悪いランキング推移グラフ良いランキング推移グラフ

スポンサーリンク

Amazon手数料を計算していなかったら予想以上に取られてた!

Amazonで商品を販売した際、売上げ金から以下の代金が引かれたものが純利益となる。
カテゴリー成約料+販売手数料+出荷作業手数料+発送重量手数料+(大口出品は月間登録料4900円、小口の場合は基本成約料が1件につき100円)
つまり、小口出費音で10000円のDVDが売れた場合の例だと、

販売価格:¥10000-(販売手数料:¥1500+カテゴリ成約料:¥140+基本成約料:¥100+出荷作業手数料:¥86+発送重量手数:¥56-仕入値:¥8000)=利益:¥118
※商品のサイズや重量によって発送手数料は変動します

この例だと、手数料だけで¥1882が引かれるということになる、つまり、この商品を¥8000で仕入れて「ひゃっほ〜これで¥2000の儲けだぜ〜」と浮かれていると、手元に残るのはたったの118円となるわけで。

更に後述する保管手数料を考慮すると、下手すればマイナスである。
この中で一番大きいのが販売手数料であり、これはカテゴリにもよるが、15%も取られてしまうので、販売価格が高ければその分上乗せされてしまう事は覚えておかないといけない。
つまり、販売価格が安くて、仕入値と販売価格の差が大きい方が儲けも大きくなるし、商品が小さくて軽いほうが発送手数料も安くなる。

手数料についてコチラのページを参照ください

スポンサーリンク

Amazonに品許可の必要な商品カテゴリーがある事を知らなかった!

なにも知らずに仕入れた時計、実は出品許可の必要な商品カテゴリーだった。決して販売不可能というわけではないのだが、許可を申請するのが面倒でげんなりする。
逆に、こうしたカテゴリのほうが案外競合が少なかったりするのかもしれないので、敢えて挑戦するのも一つの手なのかもしれない。
しかし、あらかじめ覚えておかないと、いざ出品しようとした時に想定外の手続きで時間を消費してしもうかもしれないので気をつけよう。

申請が必要なのは下記のカテゴリとなります。

  • 時計
  • 服&ファッション小物
  • シューズ&バッグ
  • ジュエリー
  • ヘルス&ビューティー
  • コスメ
  • 食品&飲料
  • ペット用品

Amazonセラーセントラルのヘルプ画面から出品許可の必要な商品カテゴリー
画面から申請できます。(セラーセントラルにログインすると画面を表示できます)

スポンサーリンク

倉庫保管手数料を考えていなかった!

Amazon FBAを利用する場合、あらかじめ商品を倉庫に配送しておくのだが、とうぜん倉庫の使用料金は無料ではない。
商品一個につき、そのサイズによって日割りで計算されるのだ、つまり、売れなくてサイズの大きい在庫をいくつも抱えていると、それだけで毎月倉庫代がかかってしまう。
一つ一つは大した額ではないが、100個以上倉庫に預けている場合、1個10円でも毎月1000円かかってしまうことは覚えておこう。
売れなくてデカイ在庫は、時には倉庫から返送してもらうという事も必要になる。
返送手続は簡単で、送り返してほしい商品を選んでボタンを押せば簡単に済む、配送代金もそんなに掛からないので、採算の取れ無い商品は場合によっては送り返えしてもらったほうが利益になることもある。

スポンサーリンク

セオリーを守っている商品はすぐに売れる

色々と失敗したなかでも、上手くいった商品もありました。そういうのは確かにランキングのグラフ推移も変動が激しく、出品してから3日以内にすべて完売しました
正しく読めた商品はすぐに売れる、読を間違えた商品は本当に全然売れ無い
なので、最初はセオリー通りに仕入さえすれば、大きな赤字を出す事は避けられるはずです。

例え月商が100万だろうとも、純利益は10万だってあり得る

そんな事は分かっているんだよ!と思う人もいるかもしれませんが念のため

「月商」とは商品の原価や販売手数料などが差し引かれていない数字です。
利益率が10%しかなければ、月商100万でも手元に残るのは10万、これならそこらへんのアルバイトの方が稼げますので、儲けるためには粗利率を高くしなければいけませんね。

スポンサーリンク

楽して稼げるものなんてない!甘い考えは捨てよう!

ここから先は試行錯誤を繰り返していくしかないでしょう。
薄利多売の高回転で利益を上げるか、はたまたブルーオーシャンを探してそこに道を開くか、別の視点でトライしてみるか、先達に知恵を拝借するもよしでしょう。

ただ言えるのは「仕事したくないから自分で売ろ〜」なんて甘い考えは捨てた方がいいということでしょうか。

ぶっちゃけ、大変でも出社すれば必ず給料が発生する仕事よりも、よっぽど大変だと思います。

スポンサーリンク

いちばん簡単に売れたのがメルカリ

追記ですが、いらないものを処分する方法でいちばん手軽なのはメルカリでした。
ただし、いくつか注意すべき点があります。

利用者のモラルが低すぎてドン引き

サービスの利用者って公式ではない自分たちのローカルルール作るのが好きなんですよねぇ。

Twitterでいえば「無言フォローごめんなさい」みたいな。

ご多聞にもれずメルカリでも、すぐに買えない人のために商品の取り置きページ作るとか、値引きしないって書いてあるのに、値引きしろしろうるさいのとか。

購入ボタンだけ押してから入金もしなければ連絡の返事もせず、出品者が入金する前に商品を発送しちゃうミスを狙ってる悪質ユーザー。

民度が低すぎてドン引きですね。

クレジットカード決済できない人は相手にしたくないと思いました。

売り手にも悪質な販売者がいるようですし。
モラルは利用者次第という印象です。

しかしマーケットの規模は馬鹿デカイので、

 

コメント